サンプル


手紙の背景・例文

  • 告白
    Case1:告白
    大学卒業を控え、同じサークルの女性に告白をしたいというご依頼。
    今までも何度か告白をしようとしたことがあるが、関係性が近すぎて直接は言うことができず、手紙で想いを伝えようと決意。
    好きという気持ちを伝えるのはもちろんのこと、普段はお調子者のキャラクターだが、実際は真面目な面もあることを手紙を通して伝わるようにしてほしい。
    そのようなご要望を受けて作成したお手紙です。
  • プロポーズ
    Case2:プロポーズ
    3年間お付き合いをしている彼女にプロポーズをしたい。
    彼女とは新卒で入社をした会社で知り合う。本社のある東京での研修期間中の3ヶ月は毎日のように一緒に過ごしたが、配属先が東京本社と北海道支社に分かれてしまい、そこから3年間は月に1回会う程度になってしまった。
    結婚の言葉とともに、寂しい思いをさせたことに対するお詫びをしたいというご依頼。
  • 感謝
    Case3:感謝
    同棲している彼氏に感謝の気持ちを伝えたいというご依頼。
    ただ、普段は冗談を言い合ってばかりで、急に真面目な手紙を送るのは何だか照れくさい。でも、誠意が伝わるような文章にしたい。
    そのようなご要望を受け、心からの感謝を伝えつつ、普段のくだけた関係性も残しておく。それを意識して作成したお手紙です。
  • 復縁
    Case4:復縁
    半年前に別れた彼氏とヨリを戻したい。
    ただ、自分からふっておきながら、また元の関係に戻りたいというのは虫が良すぎる。そう思う一方で、どうしてもまたやり直したい。2つの気持ちの間で揺らぐ依頼者。
    急に元の関係に戻るのは難しいと思われるため、まずは友達のように気軽に連絡を取り合う関係になることを目指す。そこを目的としたお手紙になります。

※掲載されているお手紙は、ご本人の了承を得た上で掲載しています。